読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

登録販売者でスキルアップ!最短で資格取得!合格通信講座

登録販売者の資格を取得するための合格サポート!自分に合ったペースで学べる通信講座

無事、登録販売者に合格した私が是非お奨めしたい、登録販売者の通信講座はこちら


合格通知が届くまでは、不安でしょうがなかったけど、
合格通知を観てからは、まぁこんな私でも良く受かったもんだなぁと他人事のように今は感じています(笑)


勉強期間は、まとめて一気に詰め込めるので二か月前から週末がっつりやりました。
なかには「七日間でうかる!」って書いてある問題集を本屋で見かけましたが
一週間みっちり詰め込んでから試験に臨むのはあまりにも無謀かな?(笑)

平成27年度より、実務経験や学歴を一切問われずに受験が出来るようになったのも、本気で取り組もうと思ったきっかけでもあります。
今後、もっと受験者が増える事を考えると試験の難易度も上がる事が予想されるので、
試験を受けたいと考えている方は早めに受験されるのが良いかもしれないですね!

是非、ヒューマンアカデミーたのまなの通信講座を検討してみてください。

登録販売者の勉強のコツ、受かるためにした事16

:::はなぽん:::さん :::はなぽん:::さんから口コミを頂きました。

通信講座のテキストを徹底的に覚えるようにして、登録販売者の試験に合格しました。
登録販売者の試験を受けようと思ったのは、この資格があると再就職が有利だと思ったからです。
私は普通の会社員でしたが、結婚して出産したら仕事を辞めました。
子供が中学生になって手がかからなくなったので、
また働き始めることにしたのですが、資格のない私はなかなか仕事が見つかりませんでした。
女性週刊誌にこの資格が取りやすくて、就職にも有利と書いてあったので、通信講座を受けることにしたのです。

それほど難しい試験でないそうですが、あまり勉強をしていなかった私には難しく感じました。
通信講座のテキストを何度読んでも頭の中に入りません。
問題集をやっても不正解が多かったです。
そこでテキストの内容を徹底的に覚えるようにしました。
何回もテキストを読んで、まず大まかなことを頭の中に入れるようにします。
その後は重要な語句や薬の知識をノートに書いて覚えるようにしました。
ノートの書くようになったら、テキストの内容を忘れなくなりました。
ノートに書くことで頭の中に刻み込まれたのだと思います。
ノートに書くの面倒だと感じることもありましたが、試験に合格したかったので頑張るようにしました。
ノートに書いて覚えてから問題集をやってみると、正解が多かったです。
試験の直前までノートに大切なことを繰り返し書いて、覚えるようにしました。
それが効果的だったのか試験の時はすらすら解答できて、合格しました。

登録販売者の勉強のコツ、受かるためにした事15

やっちゃん520さん やっちゃん520さんの口コミを頂きました。

体調を崩して風邪薬や漢方を飲んだ時に、効能や副作用などが気になった事はありませんか?
興味はあっても詳しい知識がない私ですが、次に転職するなら薬に関わる仕事をしたいと思っていました。
なぜなら祖父母、父母が日常的に飲んでいる薬、自分が体調悪い時に飲む薬など、
人間と薬はとても深い関係だと思ったし、未来のある仕事だと思ったからです。
そしてなにより子供が生まれて、子供に取り入れて良い成分なのか、
副作用はどうなのかなどなおさら知りたくなったからです。
子供が生まれて今までの職場の条件では働く事が難しく、転職を探した時に、
まずは資格が欲しいと思い、在宅で資格がとれる、
かつ薬に関わるということで調剤薬局事務を通信講座で学び、試験を受けて合格しました。
しかし取得してから求人を見ると、薬剤師や登録販売者ばかりで愕然としました。
登録販売者は今まで実務が必要だったものが、そうではなくなり、
誰でも受けられるようになったという事で、登録販売者の資格もとってみようと思い、参考本を買い、勉強しました。
調剤薬局事務で少しは学んでいたのに、登録販売者はもっとレベルが高く、
体の部位や役割、薬の名前や成分、副作用を理解するのは困難でした。
調剤薬局事務を通信講座で学んだ後で痛い出費でしたが、ネットでいろいろ調べ、
テキストがわかりやすそうで内容も豊富なユーキャンで学ぶ事にしました。
資料もサポート体制も充実している他、
テキストとは別に過去問題集をくれて、初めて受ける試験内容の雰囲気というのがつかめました。
あれもこれもと手をつけてやるよりは、過去問題集でだいたい出るところを予想し、
テキストで補強していくという事をしました。

登録販売者の勉強のコツ、受かるためにした事14

チャンミン大好きですさん チャンミン大好きですさんから口コミを頂きました。

人間が元気で生活をしていくために、
これからも薬は必要不可欠だと感じ、
何か薬に携わる仕事がしたいと思いました。
ただ、わたしは薬や健康食品に興味はあったものの、
なんという成分がどんな作用があって、
副作用はどうなのかなど、
ほとんど知識がありませんでした。
子供が生まれて、仕事を探していた時に薬剤師や登録販売者の募集がとても多く、
ますます魅力を感じました。
初めは通信講座は高いからと参考本を買って読んでいたのですが、
長年、薬とは無関係の仕事をしていた為、
とても難しい表現ばかりで全く頭に入りませんでした。
ネットや資料で通信講座を調べて、
多少高くてもユーキャンの資料の見易さ、
サポートの手厚さに惹かれ、思い切って通信講座を申し込みました。
資料の多さと内容の難しさに驚いたのですが、
資料の作成内容は素人の私ですら感心してしまうくらい見やすくわかりやすかったです。
各項目ユーキャンの講座の中には在宅でできるものもあるのですが、
登録販売者は各都道府県で試験を受けなくてはいけない為、
学習しながら自分で試験日を確認して申し込みしなければなりません。
試験問題は120問で時間も240分と長丁場なのですが、
マークシート式なので比較的やりやすかったです。
しかし内容は薬や成分の名前がたくさんあったり、
効能や副作用も様々で全部覚えられなかったのが正直なところです。
でも、ユーキャンは教材の他に過去問題集を送ってくれたので、
それを見て、問題の雰囲気や出そうなところの山かけができましたし、
バッグに入れて持ち運べるハンドブックも教材にあったので、
時間がある時に手軽に学べました。

登録販売者の勉強のコツ、受かるためにした事7

真耶花さん真耶花さんから口コミを頂きました。

 

登録販売者は人体の仕組みや医薬品成分のはたらき、副作用をはじめ、薬事法など、
薬を販売するために必要な知識を総合的に学ぶ必要があるため、覚えることがたくさんあります。
独学では難しいと感じたため、登録販売者の通信講座を受講しました。
そしてそのテキストの課題に取り組むと同時に、
独自に暗記をするために薬の種類によって分かりやすくジャンル分けをし、
暗記カードを作り徹底的に暗記をする事を行いました。
また、わからない箇所があった場合はすぐ通信講座の質問サービスを利用し、
自分が理解できるまで徹底的に弱点克服を試みました。

私が受講した通信講座はスマートフォンからもテキストを復習する動画を見ることができたので、
そのサービスも仕事へ向かう通勤時間、お昼休み、待ち合わせの時間などに活用していました。
一通りテキストの課題が終わった後は、試験の過去問を何度も何度も繰り返し行い、
ひっかけ問題になれる事、試験当日の時間配分などに慣れておくことに集中しました。
試験がいよいよと近づいてからは、
重要ポイント通信講座の模試にチャレンジして、本番さながらの練習を行いまいました。
そして、間違えていた所を見直し、なぜ正解できなかったのか、
なにが理解できていないのかをはっきりさせ、復習を行いました。
登録販売者の試験に合格するためには一人で頑張ろうとせず、通信講座を受講し、
そのサービスを徹底的に活用する事と、
暗記が必要なものは自分が覚えやすいような独自のやり方を見つけることが大切です。

 

登録販売者の勉強のコツ、受かるためにした事13

るなたん@さん るなたん@さんから口コミを頂きました。

仕事が忙しい合間に、手軽に取れて将来役に立ちそうな資格を探していたら、
ドラッグストアの販売員として需要が増えそうな登録販売者の資格を見つけました。
始めは独学で挑戦しようと思ったけど、
どんな問題集がいいのか解らなかったので、登録販売者試験対策の通信講座を受講しました。
入金して問題集が送られて来たら、手引書に試験はマークシート式で、合格ラインが70%と書かれていて、
5項目あって、各項目で40パーセントを切ると合計点が70%を上回っても不合格になる事を初めてしりました。
この試験のコツは、暗記なので、始めにやったのは、全項目を50%程度暗記して取れるように覚えました。
50%取れるようになれば、各項目の不合格ラインを上回れる事で、
今度はその勉強過程で、自分が得意な項目を選んで重点的に勉強しました。
平均で70%を狙うよりも、不得意で覚えにくそうな項目を捨てて、
得意な4つの項目で高得点を上げて合格を狙うことにしました。
テキストには、ここまで覚えると合格できるラインで覚えやすい順に並んでいたので、
単純に暗記量が少なそうな問題を中心に覚えていきました。
試験1か月前に模擬試験を受けて、全項目平均60%以上とれるようになり、
4項目では80%を超えていたので、このままでも合格できると実感できました。
残り1か月間では、間違えた問題を中心に暗記しました。
1回目の試験で合格しましたが、勉強のコツは、暗記しやすいところから下すら暗記し続ける事だけです。

登録販売者の勉強のコツ、受かるためにした事12

okanchanさん okanchanさんから口コミを頂きました。

現在の仕事内容に未来が見えず、出産を機会に転職を考えました。
転職を考える中で、この先も人間に必要不可欠になるであろう薬に関しての知識を身につけ、
それを生かした仕事をしようと思い、今までと全く違った仕事内容に目を向けました。
初めに調剤薬局事務の資格を在宅でとりたかったので、通信講座を利用して試験も在宅で受けました。
しかし、求人を見ると必要とされているのは薬剤師や登録販売者ばかりで
調剤薬局事務の勉強で身についた知識を少し生かしつつ、改めて通信講座で登録販売者を受講しました。
体の仕組みや薬の作用、副作用、漢方など、暗記するには大変な内容で資料も多いので戸惑いましたが、
ユーキャンの資料は本当にわかりやすくて見やすくて、難しいながらも気負いせずに学べました。
ただ、調剤薬局事務と違って、在宅で資格を取ることはできないので、
学習中に都道府県で開催される試験日の確認をして、申し込みが必要です。
だいたい4月以降で年に1度の日程です。
ユーキャンでは教材と別に、過去の試験問題集も送ってくださり、サポートが手厚かったので助かりました。
教材はたくさんありますが、最終的には過去の試験問題集で雰囲気をつかんだり、だいたいの出題箇所を確認して試験に臨みました。
問題数は120問程度で240分間で試験が行われます。
全体の7割以上点数獲得で合格です。
わたしはとにかく過去の試験問題を何度もやってみたのと、
教材についていたハンドブックをバッグに入れて空いた時間に赤いシートで隠しながら問題を解いていました。

登録販売者の勉強のコツ、受かるためにした事11

サンムーン090430さん サンムーン090430さんから口コミを頂きました。

ドラッグストアでパートの仕事をしていたのですが、正社員になるために登録販売者の試験を受けることにしました。
お金を節約するために最初は独学で勉強しようと思ったのですが、良い参考書が見つからなかったの通信講座を始めました。
私が力を入れたのは通信講座のテキストのポイントをきちんと覚えることでした。
テキストを何回も読んで、読んだ後はその内容を自分の言葉でノートに書きました。
ノートに書いた後は、テキストを見て内容に間違いがないか調べました。
間違っているところは、もう1回きちんと覚えて、その後にノートに書きだしました。
これを繰り返すことで、大切なことを確実に覚えられるようになったと思います。

もう一つ力を入れたことがあります。
すれは通信講座の問題集を繰り返して解くことです。
時間を意識して解くようにしました。
最初は試験の時間に合わせて解きましたが、2回目からは制限時間より5分早く解けるように努力しました。
3回目は10分早く解けるようにしました。
時間を意識して解くようにしたので、素早く問題ができるようになりました。
問題集を解いた時には、間違った箇所をその日のうちに復習するようにしました。
そして次の日にも復習しました。
その後は1週間過ぎた時にさらに復習しました。
間違ったところをこのように3回復習することで、きちんと覚えられたと思います。
試験の直前はテキストのポイントをもう一度復習しました。
その時には自分でまとめたノートを繰り返し読むようにしたのが、効果的でした。